鎌倉殿

源頼朝

【鎌倉幕府の成立】源頼朝を補佐した文士官僚たち

源平合戦といわれる治承・寿永の乱になかで、源頼朝の勢力圏が拡大するなかで増加していった家人こそが、中央である京都への反乱政権である頼朝の軍事的基盤であり、権力基盤でもあったのです。頼朝がこの権力を行使するためには一般行政事務を担当する者が必...
源頼朝

【鎌倉幕府の成立】清和源氏・源頼朝と東国武士の関係

河内源氏と関東 清和天皇の皇子である経基王が臣籍降下して、源姓を賜ったことに始まる源氏を清和源氏とよびます。経基王は、源経基と名乗ります。 清和源氏と呼ばれる子孫は、その根拠地から河内源氏・大和源氏・摂津源氏と呼ばれるようになります...
北条義時の時代

【実朝暗殺】北条義時の企て??~摂家将軍の誕生

1203年(建仁三年)9月2日、北条時政らによって、2代将軍源頼家の外戚として勢力を誇った比企氏が滅ぼされました。それから5日後の9月7日、北条政子によって源頼家が出家させられます。そして、9月15日、源実朝は12歳で3代将軍に就任しまた。...
北条時政の時代

比企氏が勢力を拡大した理由と「比企能員の乱」をわかりやすく

鎌倉幕府ナンバー2にして、実質ナンバー1な北条氏。 北条氏は次々とライバル御家人を滅ぼし、幕府内での位置を高めていくわけですが、本格的に滅ぼした最初の氏族は比企氏と言われています。 今日は、その比企氏との争いについて考えてみまし...
北条時政の時代

梶原景時は本当に悪人だったのか?景時追放の裏に将軍擁立争い?

源義経を讒言(ざんげん)で追い落とした張本人として悪者として有名な梶原景時(1140?~1200)。 義経だけでなく、忠臣として知られる畠山義忠をはじめ大小さまざまな御家人たちが景時の讒言で痛い目にあっています。 鎌倉方では評価...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました