鎌倉幕府

源頼朝

【鎌倉幕府の成立】源頼朝を補佐した文士官僚たち

源平合戦といわれる治承・寿永の乱になかで、源頼朝の勢力圏が拡大するなかで増加していった家人こそが、中央である京都への反乱政権である頼朝の軍事的基盤であり、権力基盤でもあったのです。頼朝がこの権力を行使するためには一般行政事務を担当する者が必...
源頼朝

【鎌倉幕府の成立】清和源氏・源頼朝と東国武士の関係

河内源氏と関東 清和天皇の皇子である経基王が臣籍降下して、源姓を賜ったことに始まる源氏を清和源氏とよびます。経基王は、源経基と名乗ります。 清和源氏と呼ばれる子孫は、その根拠地から河内源氏・大和源氏・摂津源氏と呼ばれるようになります...
鎮西探題

【鎮西探題滅亡】阿蘇治時と最期の探題赤橋英時

1331年(元弘元年)、後醍醐天皇の2度目の倒幕運動は失敗に終わりました。後醍醐天皇は幕府に捕らえられて隠岐へと流されます。 →元弘の変 しかし、その余波は畿内だけでなく各地に広がっていきました。 後醍醐天皇の皇子...
スポンサーリンク
鎮西探題

【鎮西探題③】歴代の鎮西探題。選任から見えてくる得宗家の思惑。

元の再来襲に備えて異国警固番役に就いている御家人・非御家人が、恩賞や所領争いのために鎌倉や六波羅に来ることは幕府としては困る話でした。 なぜなら、防備の持ち場を武士たちが離れてしまうからです。 そこで幕府は、1286年に鎮西談議...
鎮西探題

【鎮西探題②】鎮西探題の成立と初代探題金沢実政

元軍の再来襲に備えて、幕府は九州の御家人・非御家人を防備へ動員し続ける必要がありました。 そのような緊迫した中で、恩賞をめぐって九州の武士たちが鎌倉や六波羅にまで訴訟に来るというのは、持ち場を離れることになり幕府としては容認しがたいも...
鎮西探題

【鎮西探題①】鎮西談議所と異国打手大将軍

東国政権として誕生した鎌倉幕府は、西国に勢力を伸ばすにつれて出先機関を作っていきます。幕府の拠点を西へ移すという発想はなかったようです。鎌倉幕府は、承久の乱を機として西国支配強化のために六波羅探題を設置しました。 今回は、蒙古襲来・元...
六波羅探題

【鎌倉幕府滅亡】足利尊氏、六波羅探題を攻め滅ぼす

足利高氏が六波羅探題を攻め滅ぼす話にまいりましょう。 その前に、後醍醐天皇による倒幕運動のおさらいをしておきます。 そもそも、後醍醐天皇が倒幕に走った理由は、自らの皇位を維持し、自らの子孫に皇位を継承させるという野望のためで、そ...
六波羅探題

六波羅探題④・滅亡した六波羅探題は室町幕府に引き継がれる!

足利尊氏に攻め滅ぼされた六波羅探題シリーズ最終回。 →六波羅探題シリーズ 今までは、幕府の一機関としての六波羅探題を見てきましたが、今回は国家(朝廷)の軍事・警察部門としての六波羅探題をみていきましょう。...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました