得宗北条氏

鎌倉時代

【親王将軍】時頼、摂家将軍追放し宗尊親王を将軍に擁立

1247年(宝治元年)11月、4代将軍藤原頼経が鎌倉から追放されるかたちで帰京した後も、頼経の子頼嗣が5代将軍として鎌倉に残りました。 当時、頼嗣は若干9歳。明らかに傀儡将軍でした。 しかし、幕府権威・御家人の象徴である将軍です...
鎌倉時代

時頼が始めた「寄合」とその事情を解説

1246年(寛元四年)から1256年(康元元年)11月までの11年間、北条時頼は5代執権職にありました。 1256年、時頼は執権職を北条長時に譲った後も、1263年(弘長三年)11月に没するまで、政治の実権を掌握し続けました。北条長時...
鎌倉時代

【宝治合戦・三浦氏滅亡】北条時頼と安達一族の謀略!?

1246年(寛元四年)、5代執権北条時頼は前将軍藤原頼経を京都に追放しました。頼経の側近として仕え、反執権勢力を構成していた有力御家人も幕府評定衆から追放されました。 この事件は宮騒動あるいは、寛元の政変と呼ばれていますが、この反執権...
スポンサーリンク
鎌倉時代

【宮騒動・寛元の政変】執権経時・時頼兄弟による反執権派追放劇

1219年(承久元年)、3代将軍源実朝が2代将軍頼家の遺児で鶴岡八幡宮別当の公暁によって暗殺され、源氏将軍は3代で途絶えます。 実朝後の鎌倉殿を継ぐため、わずか2歳で鎌倉に下向した三寅(さんとら)は、1225年(嘉禄元年)に元服し藤原...
鎌倉時代

泰時・時房の死と4代執権の座を巡る北条氏の内紛

北条泰時は、祖父時政・父義時のようにライバル御家人を滅ぼすことで北条氏の地位をあげるのではなく、御家人・官僚から協力を引き出すことで地位を高めていった執権といえます。 泰時は御家人や官僚の協力体...
鎌倉時代

北条泰時、皇位継承に介入~後嵯峨天皇の即位の背景と経緯

北条氏惣領(棟梁・リーダー)としての立場が弱かった北条泰時は、評定衆という合議体制を敷くことで、自身の立場の強化をはかっていきました。 そんな泰時ですが、朝廷・寺社への姿勢は強硬的であったといえ...
鎌倉時代

泰時の執権政治~「評定衆と連署」の設置にいたる経緯と背景を解説

1224年(元仁元年)7月、伊賀方(いがのかた)らを中心とする伊賀氏の画策は失敗し、尼将軍北条政子・幕府宿老の後押しを得て、北条泰時は執権に就くことになります。 とはいえ、執権になった泰時の北条氏内の立場は、ま...
鎌倉時代

鎌倉時代の女性は強かった?伊賀氏の変に見る武家の相続

「伊賀氏の変」を制して、北条泰時は3代執権に就任します。 泰時の執権就任の裏で激しいバトルを演じたのが、北条政子と伊賀方です。 北条政子は言うまでもなく源頼朝の妻で、2代執権北条義時の姉です。伊賀方は義時の後妻。 泰時から...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました