荘園

荘園

寄進地系荘園の発達

貴族や大寺社、天皇家は新しい土地を開拓し、荘園を広げていきました。 平安時代初期の9世紀は、荘園領主が直接経営をして朝廷に納税をしていました。この時期の荘園を初期荘園とよび、自ら経営していることから自墾地系荘園ともいいます。 ...
荘園

公地公民から荘園制へ

荘園。中世の日本史を勉強すると、この言葉がやたらと出てきます。 したがって、当サイトも荘園を抜きに話すことはできません。中世は荘園を巡って動いていく歴史とも言えるからです。 ここでは、荘園ができるまでの過程について見ていきましょ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました