執権

鎌倉時代

【霜月騒動】御内人と御家人の戦い・平頼綱、安達泰盛を滅ぼす

得宗北条氏の被官(家来)を御内人(みうちにん)とよびます。その御内人の筆頭のことを内管領(ないかんれい)とよびます。 この内管領は役職名ではなくて、得宗家の執事という意味合い程度で、室町幕府の管領(かんれい)と異なります。室町幕府の管...
鎌倉時代

泰時・時房の死と4代執権の座を巡る北条氏の内紛

北条泰時は、祖父時政・父義時のようにライバル御家人を滅ぼすことで北条氏の地位をあげるのではなく、御家人・官僚から協力を引き出すことで地位を高めていった執権といえます。 泰時は御家人や官僚の協力体...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました