院政の時代

河内源氏の衰退を解説~義家・義綱・義光・義親・義忠・為義たち

鎌倉幕府創設者源頼朝の父義朝、祖父為義。頼朝の父や祖父の時代、つまり保元の乱前後の河内源氏は、貞盛流平氏(伊勢平氏)の勢いに押されて、平氏に対抗するのに「やっと」という状況。源頼義・義家というスーパースターを生み出した河内源氏はなぜ退勢に立...
院政の時代

後三年の役と源義家~奥州藤原氏誕生のきっかけとなった乱

前九年の役の結果、最も多くの利を得たのは誰か?それは、伊予守となった源頼義ではなく、頼義を支援した清原武則でした。彼は出羽の豪族(天武天皇の皇子舎人親王の子孫)で、「俘囚(朝廷に属した蝦夷)の主」でありながら、従五位下鎮守府将軍の官位を得て...
院政の時代

前九年の役と源頼義~源氏が武士の棟梁となった戦いを解説

源頼朝や足利尊氏の源氏は「河内源氏」と呼ばれています。河内源氏は名前の通り、「河内」を基盤とした清和源氏の一派。河内源氏の祖は源頼信で、今回お話する源頼義の父にあたる人物です。この頼信が積極的に東国との関係を築いたことで、河内源氏は東国で基...
スポンサーリンク
院政の時代

摂関政治の衰退と摂関家の成立

藤原道長の娘彰子を母とした後一条・後朱雀と、後朱雀の子後冷泉の三天皇の時代、道長・頼通は外戚としての地位を保つことができ、その子孫にわたって勢威は保たれるはず、と当時の人々は誰もがそう思ったことでしょう。 しかし、盛者必衰の理は、平家...
院政の時代

平忠常の乱と源頼信~河内源氏の東国進出のきっかけ

鎌倉幕府の創始者源頼朝は、清和源氏の一派河内源氏の出身ですが、頼朝やその父義朝が河内に勢力基盤をもっていた様子はありません。むしろ、その勢力基盤は東国(南関東)にありました。 それでは、この「河内」に基盤を置いた源氏が、いつ、どのよう...
南北朝時代

延暦寺の強訴~岐路に立つ室町幕府の禅宗政策

かつて、平安時代末期の院政期に白河法皇が「天下不如意」として、「賀茂川の水、双六の賽、山法師、是ぞ朕が心に随わぬもの」と嘆いた逸話があります。山法師は延暦寺の僧兵のことで、白河法皇を度々困らせたわけですが、300年後の室町時代においても山法...
院政の時代

南都北嶺・僧兵の強訴について解説~日本中世は強訴の時代

室町幕府を悩ました南都北嶺といわれる寺社たちの強訴。そもそも、強訴とは何でしょうか?強訴の目的や成立について見ていきましょう。 延暦寺と興福寺 寺院内部における武装集団の出現は10世紀後半の延暦寺。そして、白河親政から院政期にかけて、寺...
院政の時代

白河天皇から堀河天皇への皇位継承と政治状況を解説

中世は白河法皇の院政によって始まったことになっていますが、そもそも白河天皇の即位は「中継ぎ」で、自身の子供に皇位を継承する予定はありませんでした。つまり、鳥羽・後白河・後鳥羽といった院政時代を象徴する天皇が生まれる予定はなかったのです。しか...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました