足利尊氏の時代

足利尊氏の時代

高師直・師泰軍の強さの秘密

南北朝時代序盤。南朝は次々と有力武将を失い、北朝優勢となります。この北朝優勢の勲功第一位と言えるのが高師直・師泰兄弟ではないでしょうか。 高兄弟の主な戦績を見ると非常に目覚ましいものがあります。 1337年3月…師泰、新田義貞が...
足利尊氏の時代

高師直・師泰兄弟が強大になった理由

南北朝時代をややこしくする要因の一つが、尊氏の弟直義と足利家執事高師直の対立です。 北朝がこの二人の対立によって分裂し、観応の擾乱と呼ばれる大乱を巻き起こすのですが、今回は直義に敵対した高師直について見てみましょう。 ...
足利尊氏の時代

足利直義の人柄~尊氏と正反対の弟

南北朝時代序盤は、北陸や東国で主に主導権が争われましたが、結果は北朝有利に進みます。 しかし、その北朝も新たな内紛と分裂を引き起こし、これが南北朝時代を複雑なものにしてしまいます。 その内紛と分裂を引き起こす北朝の2つの勢力の代...
スポンサーリンク
足利尊氏の時代

足利尊氏・直義兄弟の二頭政治体制を解説

「尊氏に道心を与え給うて、後世を助け給え。今生の果報を直義に与え給うて、直義の身を安穏に守り給え」 これは、1336年(建武三年)8月17日、光明天皇を即位させた2日後に、尊氏自らしたためて清水寺に奉納した願文です。 尊氏は、光...
足利尊氏の時代

南北朝序盤~北畠顕家・新田義貞・後醍醐の死と南朝の劣勢

今回は、北畠顕家や新田義貞の死を通して、南朝が劣勢に置かれていく様子を見ていきたいと思います。 その前に、後醍醐天皇の皇子たちの戦いから見ていきましょう。南北朝時代は、この皇子たちが全国に赴いたことで、戦乱は京都から全国に広がったので...
足利尊氏の時代

建武式目の制定とその背景を解説

後醍醐天皇から光明天皇に三種の神器が渡されて、足利政権を正統化する形式的な手続きが完了したのは、1336年(建武三年・延元元年)11月2日のことでした。 その5日後に、尊氏によって『建武式目』17ヶ条が...
足利尊氏の時代

尊氏の京都再攻略と南北朝時代の幕開け

1336年(建武三年・延元元年)5月25日、楠木正成は湊川の戦いに散りました。 後醍醐天皇は、生前に楠木正成が主張した作戦を採用します。 それは、後醍醐天皇は比叡山に退き、尊氏を入京させ、京都を包囲することで尊氏...
足利尊氏の時代

湊川の戦い・足利尊氏 vs 楠木正成・新田義貞

九州に落ちた足利尊氏は、多々良浜の戦いで勝利をおさめたことにより、再び京都を目指すことになります。 九州の多々良浜(福岡県福岡市)で尊氏が勝利する直前の2月29日、京都では後醍醐天皇により改元が行われて...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました