足利尊氏の時代

足利尊氏の時代

正平の一統の破綻と南朝の反撃~八幡の戦いと武蔵野合戦

1351年(観応二年)11月3日、第二次観応の擾乱において、尊氏は鎌倉に下向した直義を討つべく、畿内の後顧の憂いを断つために南朝と講和しました。この講和は「正平の一統」と呼ばれ、皇統を大覚寺統(南朝)に統一するというものでした。 直義...
足利尊氏の時代

第二次観応の擾乱・尊氏対直義~正平の一統と直義の死

第一次観応の擾乱によって、高師直・師泰兄弟以下の高一族とその被官は誅殺され師直派は敗北。直義派は、尊氏・師直派に圧倒的な勝利をおさめました。 尊氏・直義和睦と義詮 1351年(観応二年)2月27日に尊氏が京都...
足利尊氏の時代

第一次観応の擾乱(直義vs尊氏・師直)~直義の南朝降伏と師直の死

1348年(貞和四年)の四条畷の戦いで声望を再び高めた師直は、直義と激しく対立します。そして、直義が師直を幕政から外す先制攻撃を加えると、師直・師泰は武力によって直義を圧迫。 尊氏の調停によって...
スポンサーリンク
足利尊氏の時代

「観応の擾乱」前夜~直義の先制攻撃と師直のクーデター

初期室町幕府の政治は、尊氏と直義の二頭体制によって行われました。実際は、直義の主導で幕政が運営されますが、足利家執事の師直らを中心とする派閥と対立を深めるようになります。 直義は戦争を抑止することで旧鎌倉幕府の秩序を取り戻そうとし、師...
足利尊氏の時代

四条畷の戦いで師直派が復活し「観応の擾乱」へ

新田義貞・北畠顕家、後醍醐天皇という南朝の主役が没してからの約10年間、幕府の本拠地である京都周辺は比較的穏やかに月日は流れていきます。 大きな戦がないということは、治世を推し進める直義の声望を高めることになり、戦いによって自らの名声...
足利尊氏の時代

直義派と師直派~惣領と庶子・一門と譜代

足利尊氏の弟直義と足利家執事高師直は、立場や性格においても、あまりにもはっきりと対立する幕府のリーダーでした。 直義と師直の対立は、しだいに幕府を二分する争いに発展します。幕府の...
足利尊氏の時代

足利直義の政治~守護抑制、五山十刹制度など

新田義貞・北畠顕家・後醍醐天皇という南朝の主役が没し、1347年(貞和三年)8月に楠木正成の子正行が河内・和泉で蜂起するまでの約10年の間、比較的穏やかな時期が続き、幕府にとっては基盤強化・内政強化の時代だったといえます。 ...
足利尊氏の時代

尊氏と直義の対立の原因~守護任命と半済令

二頭体制は、中世武家政治の本質とも言われます。鎌倉幕府においては、将軍は傀儡化したと言っても、将軍と執権の二頭体制が敷かれました。将軍は幕府の儀式を、執権は幕政を執り行いました。後世においては、北条氏の力が強すぎるイメージがあり、将軍と執権...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました